img

コンセプトは『里帰り』

海楽園のコンセプトは『里帰り』
海楽園は屋久島の大自然をお楽しみになった後の憩いの場としてお休みいただくための素泊まり民宿です。

初めてご利用の方でもどこか懐かしく、田舎の実家に帰ってきたようにお寛ぎ頂けるあたたかい雰囲気作りを心がけています。民宿だけど、実家のように居心地が良くリラックス出来る空間、そしてただいまと言ってしまいたくなるような、寛ぎ、安心感、癒しを提供します。

屋久島の最高のロケーションが海楽園にあります。ぜひ一度お越しいただいてその美しさを感じていただきたいと思っております。

ときには都会の喧騒を離れ、海の楽園「海楽園」で心休まるひと時を過ごしてみませんか?

海楽園はこんな所

完全独立タイプの客室

海楽園では8室の客室をご用意しております。お一人様の素泊まりから団体様まで幅広くご利用いただけます。各部屋にテレビ、冷暖房完備(もちろん部屋代に料金は含まれています。)で全室気兼ねなく過ごせる完全独立タイプの客室です!お部屋毎の施錠もできますので女性の一人旅でも安心して泊まることができます。ビジネス利用や団体旅行の楽しい思い出の場としてもお気軽にぜひご利用ください。

キッチンが自由に使える

海楽園は自炊設備を完璧に備えているのが自慢です。調理器具、調味料、食器類、ホットプレート、製氷機も御用意しています。そして便利なことに夜8時まで営業している地元密着型スーパーまでは徒歩3分。生鮮食品からジュースお酒雑貨まで、大抵の物は手に入ります。屋久島近海で穫れる新鮮な魚を魚屋さんに刺身にしてもらって宿で島焼酎を飲みながらのんびりと。時間を気にせず安く美味しく、素泊まり宿の楽しみ方の一つです。

最高のロケーション

朝は次第に色付き始める空、海を照らす朝日、日暮れには夕焼け、そして夜には満点の星空が。海楽園では、そんな海や空の表情の変化を楽しむことができます。民宿にご宿泊の方もオートキャンプ場ご利用の方も立ち寄れる東屋がございます。自然豊かな山や海が一望できる東屋。ここからの眺望は天下一品です。



ニュース

屋久島はこんな所

世界遺産の島

img

屋久島は1993年に日本で初めて世界自然遺産に登録されました。 洋上アルプスと呼ばれる美しい山々が織り成す生態系、固有の動植物の生育など、豊かな日本らしい自然景観が評価されています。 またひとつの島の中で亜熱帯から冷温帯まで様々な気候の土地があるため、様々な植生をみることができます。北海道から九州までの気候がぜんぶ屋久島の中でみることができるのも魅力の一つです。 宮崎駿監督のスタジオジブリ作品「もののけ姫」の舞台になった島で特に「白谷雲水峡」ではアニメのワンシーンに自らがいる様に感じられると思います。

猿2万、鹿2万、人2万

img

屋久島の森には人と同じ数の「ヤクザル」「ヤクジカ」が住んでいると言われていました。 島の9割が森林であり、猿と鹿に出会うことが多いことから、こう例えられているのです。 島の西側には約20キロにわたって人家のない道のりが続いています。 このうちの約15キロに及ぶ通称「西部林道」は、世界自然遺産地域に含まれていて、道路沿いのほとんどが照葉樹林で「緑のトンネル」と呼ばれているところもあります。ここでは ”神の使い”と言われているヤクジカや、人が近づいても逃げるそぶりを見せず路上でくつろぐ野生のヤクザルに出会えるかもしれません。

観光スポット等が豊富

img

季節毎に様々な楽しみ方がある屋久島。 一ヶ月に35日雨が降ると言われていますが、雨の日でも楽しめる屋久杉を使っての体験工房等もあります。 夏の時期は海や川で楽しめ、トレッキングは縄文杉、白谷雲水峡、宮浦岳等一年中登る事ができ、四季折々の山々を堪能する事が出来るのも魅力です。 更に温泉も豊富で、潮の満ち引きで現れる『平内海中温泉』はとても珍しいのではないでしょうか。 屋久島ではウミガメの産卵・孵化も間近で見る事が出来るので、美しい島の神秘に触れる事で素晴らしい思い出の1ページになると思います。

屋久島の一年

img

コンテンツ

ご宿泊

自然豊かな屋久島を身近に感じることのできる民宿です。宿泊プランはこちらから

キャンプ

海楽園では屋久島の大自然の中でのキャンプが楽しめます。キャンプ場についてはこちらから

よくあるご質問

お客様から様々なご質問等を頂いております。その一部ではございますがこちらのページにまとめさせて頂きました。

ギャラリー

自然豊かな屋久島の画像や海楽園のギャラリーはこちらに掲載してあります。是非ご覧になってください。

アクセス

海楽園までのアクセスはこちらのページをご覧ください。不明点は遠慮なくお問い合わせください。

ブログ

海楽園のブログはこちらのページをご確認ください。最新情報など常に更新していきます。